男の子に習わせたいお稽古、おすすめは?

芸術を楽しむ!

思わず、ハミング!音楽大好き!

楽器を習わせたいと考えてる親御さんも多いでしょう。
絶対音感を身につけて、リズム、音色、音楽を楽しみ、自己表現をする。
大人でも憧れますね。

楽器で人気があるのが、ピアノです。
男の子でも、ピアノが弾けたら、就学してから合唱コンクールの伴奏者に選ばれて、花形になれます。

譜面を見ながら指を動かし、耳で音を聴く作業は、脳から指令を受けて指を動かす伝達回路を発達させるので、頭の回転が速くなります。
家でも練習するようになれば、物事を習慣的にやり続ける力が育ちます。
そして、発表会に出る機会があれば、人前で舞台に上がるという経験をすることができます。
自分の演奏で、人を喜ばすことができる、楽しませることができるという経験はお子さんの自信につながるでしょう。
何よりも、音で自分を表現する能力を磨くことができる素晴らしいお稽古事です。

目がキラキラしてたら、向いてます!

家や幼稚園や保育園で、ずっと絵を書いてたり、工作や折り紙が好きなインドア派の男の子には絵画教室がお薦めです。
絵画といっても絵を書くだけでなく、粘土をつかったり、工作をしたり、色々な芸術に触れることが出来る教室があります。
見たことのない画材、工材を目の当たりにして、お子さんの目がキラキラしてたら、向いてる証拠です。
きっと彼の頭の中には、作品への想像が満ち溢れていることでしょう。
教室では、手や服を汚しても、ママに怒られることもないので、自由に伸び伸びと思い切り作品を作ることができるので、エネルギーを発散出来ます。
また、お友達も作ることができて、お兄さん、お姉さんの作品を見て刺激を受けるかもしれません。
何よりも、お子さんの感性を、プロの指導者の下で伸ばしてあげられることは表現力を育むベストな環境と言えるでしょう。


この記事をシェアする